NewsPress Release

ナローバンドIoT(NB-IoT)チップセット市場2020-2025世界的な需要の増加は、トップの主要プレーヤーによって業界を刺激する:ファーウェイテクノロジーズ株式会社、クアルコム株式会社、インテルコーポレーション、北欧半導体

ナローバンドIoT(NB-IoT)チップセット市場は、2020-2025年の予測期間にわたって+265百万米ドルの価値と+60%のCAGRで成長すると予想されています

世界のナローバンドIoT(NB-IoT)チップセット市場は、リサーチインサイトによる広範なリポジトリに予測しています。また、トレンド、市場規模、株式、利益率などの有益なデータを提供することで、企業に関する詳細な洞察を提供します。本研究報告書は、一次・二次研究などの実証済みの研究手法を通じてまとめられた。

ナローバンド・インターネット・オブ・シングス (NB-IoT) は、複数のデバイスが携帯電話の通信バンドを介して接続できるようにするワイヤレス技術です。この低電力技術により、主に低データレートで動作するデバイスに導入されています。狭帯域IoTチップセットの主な利点は、既存のLTEインフラストラクチャに新しいソフトウェアを簡単に追加することで、開発の迅速化、グローバルローミング、規模の経済などにもつながります。

このレポートのサンプルコピーをリクエストする @:
https://www.theresearchinsights.com/request_sample.php?id=10459

トップキープレーヤー:
ファーウェイ・テクノロジーズ株式会社、クアルコム株式会社、インテルコーポレーション、北欧セミコンダクター、サネチップス株式会社、サムスングループ、MediaTek株式会社、セコム株式会社、厦門応援IOTテクノロジー株式会社、u-bloxホールディングAG、テリットコミュニケーションズPLC、ケクテルワイヤレスソリューションズ株式会社、セクエンスコミュニケーションズS.A.

長距離接続の需要の高まりと機械通信に対する機械の普及がNB-IoTチップセット市場を牽引しています。市場は、電力効率、柔軟性、幅広い導入などのチップセット要因によって推進されます。しかし、運用ソフトウェア開発の初期コストの増加は、市場の成長を妨げています。
北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋、アフリカ、ヨーロッパは、製造拠点、生産性、仕様など、さまざまな事業の業種に基づいて分析されています。これらの地域の中でも、アジア太平洋地域は生産面で最も優先され、ヨーロッパは消費面で高くなっています。

最大40%の割引を求める:
https://www.theresearchinsights.com/ask_for_discount.php?id=10459

コンテンツのテーブル:

世界のナローバンドIoT(NB-IoT)チップセット市場調査レポート 2020-2025

第1章:業界概要
第2章 ナローバンドIoT(NB-IoT)チップセット市場の国際市場と中国市場分析
第3章 市場の環境分析
第 4 章: 分類別収益の分析
第5章:地域とアプリケーション別の収益の分析
第6章:ナローバンドIoT(NB-IoT)チップセット市場収益市場の状況の分析
第7章 業界主要メーカーの分析
第8章 市場の販売価格と粗利分析
第9章: ………….引き続き TOC へ

詳細については、お問い合わせ @:
https://www.theresearchinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=10459

*特別な要件がある場合は、お知らせください、私たちはあなたにあなたが望むレポートを提供します*

我々について
リサーチインサイト – ビジネスの刷新やアプローチの変更を支援する分析、リサーチ、アドバイザリーのグローバルリーダーです。私たちと一緒に、あなたは勇敢に決定を取ることを学びます。私たちは、経験豊富なスキルと検証された方法論を使用して、欠点、機会、状況、見積もり、情報を理解しています。当社の研究レポートは、革新的なソリューションと成果の優れた経験を提供します。当社は、市場調査レポートを通じて世界中のビジネスを効果的に推進し、デジタルトランスフォーメーションをリードする立場にあります。このように、グローバル市場で高度な機会を提示することで、クライアントにとって価値を高めます。

お 問い合わせ
ロビン
営業マネージャー
お問い合わせ先:+91-996-067-0000
sales@theresearchinsights.com
https://www.theresearchinsights.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button