イタリア北部、行動制限強化 屋外での運動や自販機使用も禁止

新型コロナウイルスによる被害が集中しているイタリア北部ロンバルディア州は21日夜、市民生活への厳しい行動制限を追加し、国外での運動や自動販売機の使用などを禁止すると発表した。屋外での運動は単独行動のものも禁止された。

イタリアでは21日だけで約800人が死亡。確認されているこれまでの死者数は世界最多の4825人に達した。このうちロンバルディア州では3095人の死亡が報告されている。

ロンバルディア州のアッティリオ・フォンタナ知事は追加規制を声明を発表し、事業主にはサプライチェーンに関わる「不可欠」なもの以外の操業を停止するよう要請。病院や道路や鉄道を除く工事現場の作業も中止される。

州内各地で曜日ごとに開かれる青空市場も全て中止された。

ロンバルディア州では3月8日以来、外出禁止令など行動制限が実施されており、政府はその効果を期待していた。

イタリア政府のジュゼッペ・コンテ首相は21日、国内全土で「不可欠ではない」事業の停止を命令した。ただし、どの業種が「不可欠」なのかは特定しなかった。

スーパーや薬局、郵便局、金融機関は業務を続ける。公共交通機関も運行を続ける。

コンテ首相は国民へのテレビ演説で、「この国の生産エンジンの速度を緩めるが、停止させはしない」と述べた。

首相はさらに、現状を「この国にとって戦後で最も厳しい危機だ」と呼んだ。

イタリアは北部地域に続き今月10日から行動制限を実施しているが、確認される感染者と死者の数は増え続けている。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間22日午後の時点で新型ウイルスによる世界の死者は1万3000人超。感染者は30万人を超えた。一方で、9万人以上が回復している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です