【ラグビーW杯】 台風で12日の2試合中止 日本-スコットランド戦は開催の方向

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、12日に予定されていた1次リーグC組イングランド対フランス戦(横浜国際総合競技場)など2試合の中止が決まった。日本に接近中の台風19号(ハギビス)の影響が予想されるため。国際統括団体ワールドラグビー(WR)が10日、発表した。

中止となるもう1試合は、同じく12日開催予定だったB組のニュージーランド対イタリア戦(愛知・豊田スタジアム)。

12日にはアイルランド対サモア戦(福岡・東平尾公園博多の森球技場)も予定されているが、WRはこの試合は開催するとしている。
日本戦は当日朝に最終判断

13日の日本対スコットランド戦(横浜国際総合競技場)も、予定どおり開催する考え。当日朝に台風の影響をみて、試合開始予定時刻(午後7時45分)の6時間前までに最終判断をする。

前日にアイルランドが勝利し、この試合が中止になれば、日本の決勝トーナメント進出とスコットランドの1次リーグ敗退が決まる。

11日のオーストラリア対ジョージア戦(静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアム)も、スケジュールどおりにキックオフとなる見込み。

B組イタリアの敗退が決定

大会ディレクターのアラン・ギルピン氏は「試合中止の決定は軽いものではない」と話した。

「専門家の助言を受け、チームと観客に何が最善かと、大会ボランティアの安全を優先して決定した」

大会規則では、試合が中止となった場合、0-0の引き分けとなって両チームに勝ち点2が与えられる。

今回の試合中止により、1次リーグC組は、イングランドが勝ち点17となって1位、フランスが同15になって2位に。共に決勝トーナメントに進む。

一方のB組は、ニュージーランドが勝ち点16、南アフリカが15となり、それぞれ1位と2位で1次リーグ突破となる。
「日本開催に後悔はない」

ギルピン氏によると、WRはいくつかの試合を代替会場で開くことを検討してきた。しかし、運営と安全の両面からリスクが大きいと考え断念したという。

中止となる試合のチケットは、全額払い戻しになるとしている。

日本で台風の季節にW杯を開催したことについて、ギルピン氏は「後悔はない」と強調。

「この3週間にあらゆる点で目にしたことが、日本開催の判断は正しかったと証明している」

「ピッチ内外で素晴らしい大会となっているし、リスクがあるのはずっとわかっていたことだ」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です