伊藤詩織氏が勝訴、強姦めぐる訴訟で元記者に賠償命令

東京地方裁判所は18日、ジャーナリストの伊藤詩織氏が、著名なテレビ記者だった山口敬之氏に強姦されたとして損害賠償を求めた訴訟で、山口氏に330万円の支払いを命じた。

伊藤氏は、2015年に意識がない状態で山口氏に強姦されたと訴えていた。

しかし、検察は嫌疑不十分で不起訴とした。伊藤さんは民事裁判を起こした。

性被害を訴える人が少ない日本社会にあって、伊藤氏はセクハラ被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動のシンボルとなっている。

伊藤氏は判決後、「勝訴」と書かれた紙を掲げ、「嬉しいです」と語った。

2017年の政府の調査によると、日本の強姦被害者のうち警察に届け出たのはわずか4%だった。
山口氏は、安倍晋三首相とも近しい関係にあるとされている。伊藤氏によると、山口氏は2015年、就職相談に乗るとして伊藤氏を夕食に招いた。

伊藤氏はこの時、山口氏に薬物を盛られたのではないかと疑っている。事件当日、意識を取り戻したときには「ホテルの部屋にいて、彼が私の上にいた」と話している。

伊藤氏は当時、ロイター通信でインターンをしていた。一方の山口氏は、民放TBSでワシントン支局長を務めていた。
伊藤氏が被害届を提出したことで捜査が始まったが、証拠が十分でないとして不起訴となった。

伊藤氏は、捜査の際には複数の男性警官の前で警察署内の道場のマットに横になり、等身大の人形相手に事件を再現させられたと話している。

伊藤氏はその後、慰謝料など1100万円の損害賠償を求め、山口氏に対し民事訴訟を起こした。

山口氏は疑惑を全て否定しており、性行為は同意の上だったと主張している。山口氏はこの民事訴訟に対し、名誉毀損などを理由に1億3000万円の損害賠償を求め反訴した。

今回の判決では、「酩酊状態にあって意識のない原告に対し、合意のないまま本件行為に及んだ事実、意識を回復して性行為を拒絶したあとも体を押さえつけて性行為を継続しようとした事実を認めることができる」として、山口氏の不法行為を認定した。

一方で、山口氏の反訴は棄却された。これにより山口氏は330万円を支払う義務を負ったが、なお刑事事件の対象にはなっていない。

日本の刑法では、暴力や脅迫があったか、被害者が抵抗不能だったと検察が証明しなければ強姦とは認められない。そのため、被害者には不公平な重荷が科されている。

山口氏はこの日、判決を受けて都内で会見を開いた。国内メディアによると、「一方的に伊藤さんの主張だけが、根拠なく取れ入れられてしまった」、「内容にまったく納得いかない」などと述べ、控訴する考えを明らかにした。

また、これまでは弁護士の指導を受けて沈黙していたと説明。その間に、「さまざまな報道が国内外であった。ニューヨーク・タイムズ、が、伊藤さんの主張を一方的に報じている」と主張したという。

その上で、「報道、風評が世界的に流布されると思っていなかった。それが今回の判決に、なにがしかの影響を与えたのではないか? 分からないけれど、残念に思っているところがあります」と発言。今後は積極的に発言していく意向を表明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です